美白クリームというと「色を白くする」という効果を期待する人が多いようですが、決して色を白くするものではありません。

色を白くするものは「漂白」ということになります。

そこで今回は、美白クリームが肌にもたらす効果や効能・原理といった部分を簡単にご説明します。

色を白くする

まず、多くの女性が美白に求めているであろう「色を白くする」という役割ですが、これは予防することによって結果的に白さを保つという効果が得られます。

ですので、本来持って生まれた肌の色よりも白くすることはできません。

では、本来の肌の色としてどこまで白さを求める事ができるのかというと、一般的には足の裏や頭皮の色までと言われています。

その白さを完璧に保つためには生まれてから徹底的に日焼けや外部からの刺激を予防する必要がありますが、なかなかそうは行きませんよね。

ですから、少しでも良い状態を取り戻すために美白の化粧品というのが存在するのです。
まず、シミや日焼けの簡単なメカニズムですが、人の肌は紫外線や外部からの刺激を受けた時に肌の内部で組織の破壊を防ぐための活動が行われます。

専門用語でいえば、メラノサイトだのチロシナーゼだのという言葉で表現するのですが、簡単なイメージとしては

肌の内部が日よけのために「黒い日傘」をさして組織を守ろうと働きかけるのです。
この「黒い」ものが結果的に残ってしまい、肌表面から見ても黒いシミや日焼けとして残ってしまいます。

そこで、この「黒い」ものの発生を防ぐために日々開発されているのが美白の化粧品なのです。

ですので、美白のものであれば化粧水であれクリームであれ、基本的な効果は変わりません。

化粧品の選び方

では何を基準に化粧品を選べば良いかというと、含ませている成分の含有量が重要になってくるのです。

例えば「ビタミンC誘導体」という成分が入っているものであれば、前述のような予防への働きかけをしてくれる成分の中でも効果的なので美白製品としてはお勧めですし「持続性ビタミンC誘導体」というものが含まれていれば更にゆっくりと時間をかけて肌内部に滞在し働いてくれるのでより効果的です。

このようにして、表記されている成分と自分自身の肌環境がマッチングする化粧品選びができるのです。

更に、美白成分というのは肌のキメが整っていないといくら良い成分をいれたところでなかなか効果を発揮できません。

そこで「潤った肌への美白」というのが必要になってきます。

そのために、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分がどの程度含まれているかの確認や、自分の肌診断が必要になります。

肌診断の結果、アンチエイジングが必要な事が判明したら、アスタキサンチンが入った化粧品などもお勧めです。

そして、美白ケアの必要な時期としては基本的にはオールシーズンですが、主に肌が紫外線からの刺激を抑えやすい秋?冬にかけてが最も重要です。

そして、夜は保湿を主にしたケアで肌を整えて、日中は美白成分をたっぷりと浸透させるのも効果的です。

美白クリーム

そして本題の美白クリームですが、クリームというのは肌表面に保護膜を作ってくれるので、栄養をしっかり閉じ込めながら肌表面への刺激を守ってくれる優れものです。

肌表面の毛穴の黒ずみやくすみのケアにもなる優れものなので、通年を通して美白クリームの使用をお勧めします。

化粧品選びは、好きな人には簡単で楽しいものですがわからない人にとっては価格もピンキリで難しいものです。

まずは化粧品売り場へ足を運んでご自分の肌を診断してもらいましょう。

化粧品売り場で販売しているものの価格が不安で受ける勇気がもてない方は、バラエティショップでの診断がお勧めですよ。