美白クリームの有効性

30代以降になってくると、女性でシミの悩みを抱えている人が増えてきます。
お肌の曲がり角を過ぎてしまうとどうしても肌の機能が衰えてきますから、シミが肌に定着しやすくなります。

しかし、今は美白の技術も進んできましたから、効果のある美白クリームを使うことでしっかりシミ対策ができます。
クリームはテクスチャー的に肌に塗り込みやすいですし、美白成分を始めとして豊富な美容成分が含まれています。
乾燥させずに肌に美白成分をとどけやすいですから、ダイレクトにシミケアができる優れものです。

今あるシミを消してくれるハイドロキノン

美白成分には様々なものがありますが、ほとんどがシミを表面化させない予防効果が高いものばかりで、今あるシミに効果がある成分は限られています。
その限られた成分の中でも、シミを薄くする作用が強力だと人気になっているのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれていて、すでにできてしまったシミを薄くしてくれて、さらに肌の奥にあるメラニンを抑制する作用を持っています。
つまり、シミを消す作用と予防する作用の両方に効果的ですから、美白クリームを選ぶなら一番にハイドロキノンが配合されたものを選びましょう。

多機能なビタミンC誘導体

化粧水からクリームまで、あらゆる化粧品に含まれているのがビタミンC誘導体です。
元々ビタミンCは美白に効果があると言われていますが、炎症を鎮めたりコラーゲンの活性化、抗酸化作用などあらゆる働きをしてくれます。
もちろん、メラニンを抑制する作用もありますし、ハイドロキノンほどではありませんが今あるシミを還元する作用を持っています。

ハイドロキノンは肌に刺激のある成分ですから、肌質によっては使えない場合がありますので、そのような場合にはビタミンC誘導体を選びましょう。
美肌やアンチエイジングにも役立ってくれて、肌状態を整えながら美白ケアをすることができます。

薬用化粧品のすすめ

ハイドロキノンとビタミンC誘導体以外の美白クリームを選びたいなら、配合されている美白成分に注目してみましょう。
厚生労働省でメラニンを抑制しシミを予防すると認可されている美白成分が入っているなら、薬用美白クリームとか医薬部外品という表示がされています。
メラニンの抑制とシミ予防に効果があると認められた美白成分が入っていますから、一般的な美白クリームよりも高い効果に期待できます。
また、肌に合うかどうかも重要ですから、サンプルやテスターで試してみて、異常が出ずに快適に使えるものがおすすめです。

さいごに

今肌に浮かび上がってきたシミは数年前に作られてしまったものです。
どんなに効果のある美白クリームでも、数年前のシミを消すのにはやはり時間がかかります。
そのため、シミ対策は時間がかかるものだと思って、継続して取り組んでいくのが一番重要です。
途中で美白クリームを使うのを止めてしまうとそれまでの美白ケアがムダになってしまいますから、焦らずじっくりと取り組んでいきましょう。