乳首がピンク色をしている女性は柔らかい雰囲気があり清潔感すらあるようにも見えます。相手に与える印象が良く見える事からピンク色の乳首になりたい人は多いです。そんな人には乳首をピンクにする美白クリームがお勧めすが、ここでは乳首をピンクにする美白クリームの基礎について知りましょう。

どんな乳首に有効であるのか

まずは乳首の色が暗くて、くすんでいる肌です。どんよりと暗くてくすんだ乳首は日焼けなどのダメージを受けた後で肌が乾燥してしまい、透明感が失われている状態です。顔の明るさが落ちて肌がくすんで見えているのです。

それに肌は紫外線のみならず加齢や疲労、睡眠が足りない、生活習慣の崩れなどの影響も受けやすいです。そのために血流が悪くなり肌が暗く見えるのです。

乳首をピンクにする美白クリームの働き

乳首をピンクにする美白クリームは乳首を直接白くするために使う化粧品であると思うかもしれません。しかし、実際には少し違います。乳首をピンクにする美白クリームの働きは美白成分の力で肌を黒くしようとするメラニンが作られる事を防ぐ、日焼けによってできるシミやそばかすの予防です。
シミを作りにくい肌作りに役に立つと言えるでしょう。

韓国の美白化粧品はどうなの?

韓国人は美白で透明感のある人が多いですね。そんな韓国ではたくさんの美白化粧品が出ています。ですが、日本では安全の成分として認定されていない成分も含まれている事があります。

韓国の化粧品が肌に合うのなら問題ないですが、特別に韓国の化粧品にこだわりでもない限りは日本の商品を使う方がトラブルが起きにくいでしょう。

保湿効果の優れたものを

いくら美白成分が配合されていてもバリア機能が落ちている肌では効果を発揮しません。また肌の乾燥が進めば肌の代謝も落ちてメラニンが排出できなくなりくすみやシミができてしまいます。

そのため、乳首をピンクにする美白クリームにはセラミドやヒアルロン酸などが入っている保湿力が優れたものを選ぶようにしましょう。

医薬部外品を買うようにする

厚生労働省が許可している美白成分を入れているクリームはいずれも医薬部外品になります。美白成分が入っていない美容クリームを使ってもシミ対策にはなりません。パッケージなどを見ても美白成分が入っているのか分からない時にはメーカーに聞いてみましょう。

それから商品名にはホワイトニングクリームなどと記載されていて、いかにも美白効果がありそうな商品もありますが、実は美白成分が入っていない事もあるので注意しないといけません。

皮膚科でももらえる

市販されている乳首をピンクにする美白クリームではあまり効果がないと思うのなら、美容皮膚科などでも乳首をピンクにする美白クリームは処方してくれます。皮膚科で処方してくれる乳首をピンクにする美白クリームなら濃度が高いために、効果が高いと言えます。

まとめ

人間の見た目が相手に与える影響を大きいです。それは乳首の色にしても同じ事です。同じような顔の造形の人でも肌が白くて透明感があれば、清潔そうに見えたり、女性らしく見えたりします。

逆に肌が黒い人は男性らしく見られる傾向にあります。美白化粧品を使いシミやくすみを予防する事は女子力を上げるためにも重要と言えるでしょう。たくさん美白に効果がありそうな化粧品が販売されていますが、それは商品のイメージにすぎず、実際には美白成分など入っていない事がありますので、慎重に選ぶようにしましょう。

乳首をピンク色にするには、専用のクリームでケアするのが効果的です。